タイダイ染めで複数の染料を組み合わせてグラデーションを作る

タイダイ染めで複数の染料を組み合わせてグラデーションを作る

タイダイ染めの魅力はグラデーション

タイダイ染めは、生地を輪ゴムやひもなどで絞ったり、上から直接染料を垂らすなどして染める染物のことを指しています。

このタイダイ染めでは、まだら模様や豆縛り模様やタイル模様など、色々なデザインを作り出すことが可能です。
少しだけ染める手間がかかってしまいますが、ジャバラ模様や幾何学模様などの個性的なデザインに仕上げられるのもタイダイ染めの魅力です。

また、タイダイ染めには美しいグラデーションがつくれるという魅力もあります。
グラデーションというのは、規則的に色濃度を変化させたもののことを指しています。
タイダイ染めでは、布生地の絞り具合によって、このグラデーションを出すことができます。
きつく絞った部分は、染料が入りにくくなるため色味が薄くなります。
反対に、絞っていない部分は染料が入り込みやすいため、濃い色が出やすくなるのです。
薄い色と濃い色の間にはグラデーションができるため、複雑な模様を作り出せるのです。

複数の染料を使ったグラデーション

タイダイ染めでは、複数の染料を使うことでも複雑なグラデーションを作り出すことが可能です。
例えば、ピンク色と水色の2色の染料を使うとします。
すると、両者の色が重なった部分は紫色のように見えるため、複雑で色鮮やかなグラデーションとなるのです。
色々な色を使えば使うほど、グラデーションが複雑化していきます。
水色や黄色や緑色などを組み合わせて、レインボーカラーのグラデーションを作ってみるのも面白いかもしれません。
カラフルな模様は、多くの人たちの人目を惹くこと間違いなしでしょう。

ちなみに、タイダイ染めではグラデーションの出方を調整するのは難しい面があります。
綿密に計算したつもりでも、意図しない模様に仕上がってしまうことも珍しくありません。
偶然の産物を楽しめるのが、タイダイ染めの面白いところといってよいでしょう。
もしかしたら、自分が想像していなかった美しいグラデーションに出会えるかもしれません。

まとめ

タイダイ染めでは単色で染めるほかに、複数の染料を使って染めることも多いです。
様々な染料を組み合わせることで、意図しないグラデーションがつくれることもあります。
どんな模様に仕上がるのかワクワクしながら染めていくのがタイダイ染めの魅力です。
水性染料や色止めなどを用意しておけば、ご家庭でも簡単にタイダイ染めを楽しむことができます。
世界で一つだけのオリジナル模様を作りたい方は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。